返回列表 回復 發帖

marcmymarcjacobsoutlets.asia-marc jacobs トート 19005312

「確かに、フランお嬢様はまだ幼い。知っていることよりも知らないことの方が、出来ることよりも出来ないことの方が多い。でも、だからこそ私のような〝従者〟が必要なのではないですか……?」キャスキッドソン ポーチ
 無我夢中で泣きじゃくる自分の頭を、美鈴はあの日と同じように何度も撫でた。 自分を宥めようと掛けてくれる声に、彼女の真心を感じる。キットソン
 だが、フランドールはそれ以上言葉が続かなかった。 彼女はとうとう我慢できなくなって、美鈴の胸に顔を押し付けて声を上げて泣いた。キャスキットソン
(離れたくないよ……めーりん……っ!) 様々な感情が目まぐるしく入り乱れるフランドールの心の中に、その気持ちに応えるように美鈴の声が響いた。marc by jacobs
「めーりんの為じゃないの………全部私の為…………こんな主人でごめんなさい……めーりん……もっと……もっとめーりんのこと考えてあげられてたら……私……」マークジェイコブス
「私の為に……こんな……」 背中に回された美鈴の腕に、力が籠るのを感じる。 しかし、フランドールは首を振った。トリーバーチ
 美鈴は続けた。「私はこれまで、お嬢様の傍に立ち、お嬢様の為に色んなことを教えてきました,http://www.sdzzjx.com/E_ReadNews.asp?NewsID=153。そしてそれをお嬢様が覚え、経験し、体得していくことが、私にとってどれほど嬉しいことだったか,http://www.wdd98.com/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=66839。それは言葉では言い表せません」 フランドールの中で、美鈴のその言葉は数刻前に幽々子が妖夢について話していた言葉に通じた。 あの時自分が感じていたもの。 愛されている者に対する嫉妬心。 持つ者と持たざる者の差。 虚無感。 そして漠然とした敗北感。 しかしそれは、ただそれまで自分がその存在に気が付かなかっただけで、本当はずっと前から自分にも享受されているものだったとしたら……。 それまで美鈴と過ごしていた日々の数々が、フランドールの脳裏を駆け巡った。「そして今回、お嬢様は自分の意志で考え、自分一人の力で行動してくれました。謝る必要なんてありません。そんなお嬢様の姿が、どんなに頼もしかったか。どんなに心強かったか……」http://www.marcmymarcjacobsoutlets.asia 自分を受け止めてくれる、温かさを感じる。 そのどれもが大切で、掛け替えのないもので、手放したくないもので、愛おしいもので。marc jacobs トート  あらゆる感情が頭の中でぐちゃぐちゃに混ざり合って、フランドールは激情と渾然一体となった意識の中で懸命に美鈴の名前を呼んだ。キャスキッドソン アクセサリー
(……!) フランドールは驚いて目を見開いた。 それまで自分が〝悪〟だと思っていたことが、自分が至らないと思っていた部分が、逆に〝従者〟の存在意義となっていた――,http://18sister.com/bbs/viewtopic.php?p=214771#214771marc by jacobs
返回列表